北海道コンサドーレ札幌ピックアップ情報

一覧に戻る

コンサドーレ 「キックオフ2024」開催

24・01・17
 上写真/北海道コンサドーレ札幌のキックオフ2024で特設ステージに勢ぞろいした選手、スタッフたち。ペトロビッチ監督はライセンス更新のため欠席し沖縄キャンプから合流。スパチョークはアジアカップのタイ代表として参戦中のため欠席。

(写真は1月14日、札幌ドーム、撮影・石井一弘)


 加入9選手の中に鈴木武蔵の顔

  小野伸二「コンサドPR」大使


 2024年「キックオフイベント」が1月14日札幌ドームで3千825人のファンを集めて行われた。

 芝生のないドーム中央に「ステージを作り」新加入の選手が紹介され、予想通りファンの期待はFW鈴木武蔵(29、3年前にベルギー移籍、23年はJ1ガンバ大阪でプレー)。ミハイロ・ペトロビッチ監督の要請により「札幌に帰還した」。背番号は9から7に変わっていた。

 他はGK阿波加俊太(28、←JFL鈴鹿ポイントゲッターズ)、DF眸瑠(27、←J1ガンバ大阪)、DF家泉怜依(23、←J2いわきFC)、DF岡田大和(22、←福岡大学)、MF長谷川竜也(29、←横浜FC)、MF近藤友喜(22、←J2横浜FC)、MF田中克幸(21、←明治大)、FW出間思努(18、←札幌U−18から昇格)。

 イベントは三上大勝代表取締役GMのあいさつで開幕、会場では荒野拓馬、鈴木武蔵の対談などファンを喜ばせるステージで盛り上がった。

 さらに「コンサドーレ」で引退した小野伸二氏の動向も披露された。もちろん札幌を中心に活動するが、一般的には「大使役」。アンバサダーとして「選手」を「札幌」を「北海道」を―世界に通用する=「One Hokkaido Nexus Organizer(ワン ホッカイドウ ネクサス オーガナイザー)」で、略称は「O.N.O」。様々なPRをしていくことになった。

 途中、新調のユニホームの説明があったが、いつもと違うのは布地の織り方で隠された「北海道」などを「透かし風に見せる」。さらに着ている選手が、「武器」を操り「力」を発揮出来る―「今季はベストテン」を狙ってます―をアピールした。

 最後にMF宮澤裕樹のあいさつ。開幕に向けて意気込みを語った。チームは15日から沖縄キャンプ、さらに2月14日から熊本で2次キャンプ。開幕は23日予定のアビスパ福岡戦を皮切りに、札幌に帰り札幌ドームに「浦和レッズ」を迎える。


 上写真/あいさつする(株)コンサドーレ三上大勝代表取締役GM


 上写真/発表された今季の新ユニフォーム、右から3人目の深井が着ているのがホーム用で、右に岡村、宮澤の着ているのがアウエー用、セカンド、サードのユニフォーム、左の菅野、小野、高木の3GKの着ているのがGK用ユニフォーム


 上写真/トークイベントで荒野(左端)、小林(右端)の進行で再加入の決め手や今後の抱負などの話をする左からFW鈴木武蔵、GK阿波加俊太、DF岡田大和、MF田中克幸、FW出間思努の各選手


 上写真/他チームからの移籍で加入し笑顔で抱負などを語る左からMF高尾瑠、DF家泉怜依、MF長谷川竜也、近藤友喜


 上写真/フォーマルスーツの紹介でおどける左からDF中村、馬場、MF浅野の3選手


 上写真/荒野、小林の2人(選手の両端)の進行で筋トレグループの話をする左からFW大森、MF田中宏、駒井、DF西野、馬場の各選手、馬場が背番号を88に代えたことを披露


 上:上段写真/自慢の太ももを披露するMF駒井(左から2人目)

 上:下段写真/筋トレの成果を見せるMF駒井(左)、右はDF西野


 上写真/ペトロビッチ監督が欠席したため、最後のあいさつはMF宮澤(10番)、周りの選手やコーチが笑顔で聞くシーンも


池田淳 写真はいずれも石井一弘撮影