北海道コンサドーレ札幌ピックアップ情報

一覧に戻る

J1第7節(4月11日)、都倉の2戦連続弾で湘南に1−0で勝利

18・04・13
 北海道コンサドーレ札幌は4月11日にホームの札幌ドームで湘南ベルマーレと対戦。試合は前半をスコアレスの同点で終えるも、後半アディショナルタイムに札幌FW都倉の2戦連続弾がさく裂、札幌が劇的な勝利をあげた。

 現在勝ち点8で7位と好調を維持する札幌が、同じく勝ち点8ながら得失点差で11位となっている湘南と対戦した。中3日という厳しいスケジュールの中、湘南は前節から3人を入れ替え、対する札幌は前節と同じスタートメンバーでこの一戦に臨んだ。

 試合は連戦の疲れを感じさせないアグレッシブな展開となる。前半15分、湘南の攻撃。札幌陣内に攻め込みペナルティーエリア手前でこぼれたセカンドボールをキープ。そこからペナルティーエリア右角にいたFWイ・ジョンヒョプへショートパス。受けたイ・ジョンヒョプは右足で強烈なシュートを放つが札幌GKクが危なげなくはじきだす。

 札幌の攻撃は前半36分。MF三好が敵陣バイタルエリアで湘南DFラインと中盤ラインのギャップにうまくポジションを取り、味方からの縦パスを受けドリブルスタート。カットインとシュートフェイントでDF2人をうまくかわして、ペナルティーエリア付近から左足でシュートを放つも大きく上。

 両チーム共に前半終わり頃から疲労のせいか細かいミスが目立つようになり、そのまま0−0で折り返す。

 後半に入り先制点を狙う札幌の惜しい攻撃が続く。後半12分には、敵陣左サイド深い位置で札幌MF菅がDFと1対1を仕掛ける。左にかわしクロスを入れるとボールはDFの足に当たって高く上がりファーサイドへ流れる。ほぼゴールライン際角度のない所から、ジャンプした都倉が頭で狙うもボールはポストに当たる。

 後半39分にも札幌の攻撃。都倉からペナルティーアークにいた途中出場のFWヘイスへ鋭い縦パスが送られる。ヘイスは戻りながらのドリブルから反転してシュート。これが相手DFに当たり大きくコースが変わると、GKの守っていない方のゴールネットへボールがゆっくりと転がる。間違いなくゴール!かと思われたがボールはまたしてもポスト。この日の札幌に運が無いのか。

 時計の針は進み、引き分けでタイムアップかと思われたアディショナルタイム。試合を決めたのはやはりこの男だった。

 後半46分、DF福森が敵陣中央左からクロスを放り込む。これは一旦湘南にクリアされるも高く浮いたセカンドボールを途中出場のMF兵藤がヘディングでゴール前へ送る。これに一度バランスを崩しながらも反応したのが都倉。素早い反転から左足ワンタッチで振り抜いたシュートは、GKの反応できないタイミングでゴール左隅へ吸い込まれる劇的ゴール。乗ってる男、都倉の決勝点で1−0のままタイムアップ。札幌ドームに集まった11,183人の観客の期待に応える連勝へ導いた。これで札幌は3勝2分け2敗で勝ち点11となり順位を6位に上げた。
 
 次節札幌は4月14日にアウエーの三協フロンテア柏スタジアムで7位の柏レイソル(勝ち点11)と対戦する。

 (写真はいずれも4月11日、札幌ドーム、撮影・石井一弘)


 上写真/前半17分、札幌MF三好(41番)が湘南MF高橋と競りながらドリブルで駆け上がる


 上写真/前半21分、札幌MFチャナティップ(18番)のシュートは湘南MF高橋に阻まれる


 上写真/前半36分、札幌DF進藤(左)が湘南FWイ・ジョンヒョプ(9番)とヘディングで競る


 上写真/前半40分、湘南のCKからの攻撃を札幌GKク・ソンユン(25番)がジャンプして防ぐ。札幌の選手左からMF宮澤(10番)、DF福森(5番)、進藤(35番)、FW都倉(9番)、キム・ミンテ(20番)、MF駒井(14番)


 上写真/後半11分、ボールをさばく札幌キャプテンMF宮澤(10番)、チームをまとめホーム3連勝を牽引している


 上写真/後半38分、札幌DFキム・ミンテ(20番)が湘南FWイ・ジョンヒョプ(9番)とヘディングで競る。左の進藤(35番)と共に3試合連続の無失点試合に貢献している


 上写真/後半追加タイム1分、決勝ゴールを決めた札幌FW都倉(9番)が手荒い祝福を受けた後、ゴール裏サポーターに向かって吠える。左途中出場したFWヘイス(11番)


 上写真/湘南を1−0で下し喜ぶ札幌の選手を横目にぼうぜんと引き上げる湘南の選手たち


 上:左側写真/後半追加タイム1分、札幌FW都倉の決勝ゴールをアシストしたMF兵藤(左)に声をかけるペトロビッチ監督
 上:右側写真/同じく後半追加タイム1分、札幌FW都倉に決勝ゴールを決められぶぜんとする湘南の諜裁監督


■北海道コンサドーレ札幌のペトロビッチ監督のコメント
 「本当に疲れました。自分が試合に出たかのように疲れています。チームは立ち上がりから、『どうしてもこの試合に勝つ』という強い意志を持ってくれた。立ち上がりは疲労からなのかミスが目立ちましたが、その中でも選手たちは落ち着いてプレーをしてくれました。最後まで、『絶対にゴールを奪うんだ』という攻撃的な姿勢を見せ続けたことが劇的なゴールにつながったと思います。やはり試合を通してわれわれが勝利に値するプレーを見せたと思います」

―チームの完成度はどのくらいだと見ているか。
 「ここ最近はわれわれのチームは良い内容のゲームをしている。ただ、私から見れば、開幕当初も良い出来の試合があったと感じています。その中で選手たちが、自分たちがやってきたことを信じてやってきたことが成果になったと思います。ただし連戦の中で、全員でこの戦いを乗り切っていくことが大事です。
 再び中断期に入れば、もっとチームは良くなると思っています。われわれのサッカーは動きが必要なサッカーですが、その中でタイトな日程で試合をしている。回復する時間もない中で、いかにチームで乗り切っていくかが大きな課題になってくると思う」

―就任数カ月の状況で、今日のような日程の厳しい試合を勝ち切った意味は大きいと思うが?
 「今日のような勝利のあとはうれしいですが、そこに大きな意味があるかどうかは、私は見ていないが、まだまだ課題があると思っている。同じようなシステムの相手と対峙した中で、崩しの部分などはまだまだ学ばなければいけない。
 ただし、こういう良い雰囲気の中で学んだほうが選手にとっては良いことだと思っています。今日の平均(年齢)は24歳ですが、まだまだ伸びシロがある。そしてベテランもいる。そうしたバランスのとれたチームだと思っていますので、そうした総合力を生かしてこの連戦を勝ち切っていきたいと思っています。
 そうした中で、今日のメンバーはコンスタントにリーグ戦に試合に出たことのない選手が多かった。そうした状況の中で、彼らが今後、いまのパフォーマンスを維持できるのかというところは疑問もある。それに対して、われわれがどう取り組んでいくのかが大事になると思っている。ですが、ここ4試合で勝点10。3試合連続無失点。今後も自分たちから仕掛けていくサッカーを続けていきたいと思います」


■湘南ベルマーレの諜裁監督のコメント
 「15連戦というタイトなスケジュールが続いて、総力戦になった感じがします。その中で最後にわれわれが失点し、勝点3の明暗が大きく分かれましたが、それが実力だと思います。いろんな要素がありますが、今日の試合から学ぶことはありましたので、それを次に生かさなければいけない。力がなかったから負けた。そうシンプルに捉えています」

編集部 写真はいずれも石井一弘撮影