コンサドーレ札幌ピックアップ情報

一覧に戻る

2010年シーズン開幕! 札幌の第1節は1−1でスタート

10・03・11
 春の訪れとともに2010年シーズンが開幕したJリーグ。今季のJ2は1チーム増の19チームとなり、試合数は51から36に減少。昨季より1試合と勝ち点の重みが増した。
 
 石崎体制2年目となるコンサドーレ札幌は、3月7日、アウエー(ベストアメニティスタジアム)でサガン鳥栖と対戦。札幌は前半21分、MF藤田征也の開幕弾で幸先良く先制するも、後半39分に失点。開幕戦としては、新規加入選手もまずまずの連携を見せ、貴重な勝ち点1を獲得した。
 
 次節は13日に札幌ドームでホーム開幕戦を迎える。期待の「ゴン中山」効果もあり、昇格を信じる多くのサポーターが駆けつける。
(写真はいずれも3月7日、鳥栖市ベストアメニティスタジアム、撮影・石井一弘)
 
 上写真/注目されたコンサドーレ札幌の開幕戦先発メンバー。前列左からMF上里(20番)、DF岩沼(23番)、西嶋(6番)、MF藤田(7番)、DF芳賀(18番)、MF古田(27番)、後列左からキャプテンDF石川(4番)、MF宮澤(10番)、FW近藤(11番)、内村(13番)、GK盡供複横曳屐法FWキリノは負傷で出られず2トップはともに新加入の近藤と内村になった。開幕戦に間に合うかどうかが心配されていた2年目のMF古田は先発した。期待のFW中山はベンチスタートとなった
 
 
 上写真/前半9分鳥栖のMF衛藤(左端)のFKに、5枚の壁を作って守る札幌の選手たち。左からDF西嶋(6番)、石川(4番)、FW近藤(11番)、MF宮澤(10番)、藤田(7番)、衛藤の後方がDF芳賀(18番)
 
 
  上写真/前半21分、先制ゴールを決めたMF藤田(右の中央後ろ向き)に集まり、手荒い祝福をして喜ぶコンサドーレ札幌の選手たち。左がDF芳賀、右上がキャプテンDF石川
 
 
 
 上写真/FWキリノが負傷で出られなくなり、開幕戦の2トップはともに新加入の近藤(左11番)、内村(13番)になったが、まずまずの動きとコンビネーションを見せた。後半16分、近藤と内村が鳥栖DF飯尾(5番)、木谷(2番)と激しくわたり合う
 上写真/後半39分鳥栖に同点とされぼう然とする札幌の選手たち。左からMF宮澤(10番)、DF石川(4番)、芳賀(18番)、MF上里(20番)、GK盡供複横曳屐法■庁憧箴臓複横拡屐法∪湘茵覆靴磴んでいる)、MF砂川(8番)。鳥栖のサポーターは大旗を振って大喜び
 
 
 上写真/後半ロスタイム、負傷した近藤に代わって期待のFW中山が登場、宮澤のクロスにヘッドであわせてシュートしたが惜しくも左にはずす、右は鳥栖GK室(21番)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 開幕戦を終え記者会見する札幌の石崎信弘監督(左写真)とカムバックした鳥栖の松本育夫監督(右写真)
 
写真はいずれも石井一弘撮影