コンサドーレ札幌ピックアップ情報

一覧に戻る

J1第33節(11月24日)、ホーム最終戦を白星で飾れず横浜に完封負け

12・11・30
 11月24日に札幌ドーム行われたホーム最終戦となるJ1第33節。横浜F・マリノスを迎えたコンサドーレ札幌は、前後半それぞれ1点を奪われ、攻めても横浜ゴールが遠く、0−2の完封負け。今季苦しい試合が続いた中でも、必死に応援してくれたサポーターに勝利を届けることは出来なかった。

 試合は、序盤から横浜がボールを支配し攻勢をかける。札幌は、体を張った守備で必死に耐えるが、前半33分、ついに失点。横浜のFKを一度は跳ね返すも、こぼれ球を拾われゴール前へシュート性のクロス。このボールに素早く反応した横浜FW齋藤に巧みなヒールシュートを決められた。

 反撃に出たい札幌だったが、押し込まれているプレッシャーからかパスミスも多くチャンスを作り出すことが出来ない。時折見せるカウンターも最後の精度を欠き、シュートまでもっていけない。

 後半に入っても最初から横浜が主導権を握る。後半開始早々の5分。中央を横浜MF兵藤とのワンツーで抜け出した齋藤の左足のシュートがゴール左隅に突き刺さり2点差。

 こうなると今の札幌に跳ね返す力はなく、防戦一方の展開。試合終了間際に長いリハビリを終えたFW中山がピッチに登場し、サポーターを沸かせるもボールタッチは一度だけでタイムアップ。結局、0−2で完敗となった。

 次節札幌は、12月1日、東北電力ビッグスワンスタジアムで現在17位と残留争い真っ最中のアルビレックス新潟と戦う。泣いても笑ってもこれが今季最後のJ1での試合。この貴重な経験を来季につなげるためにも、最後の1プレーまでチャレンジする気持ちを忘れないでほしい。

 (写真はいずれも11月24日、札幌ドーム、撮影・石井一弘)

 上写真/前半25分札幌MF前(31番)はドリブルで駆け上がるも、横浜DFドゥトラ(5番)とMF熊谷アンドリュー(右)に挟まれるようにボールを奪われる


 上写真/前半36分横浜FWマルキーニョス(18番)を厳しくマークする札幌DF櫛引(25番)とMF山本(右)。この時の接触でマルキーニョスは負傷し後半はじめからFW小野に交代した


 上写真/1点ビハインドで後半開始前、円陣を組んでキャプテンDF河合、GK盡兇鮹羶瓦墨辰傾腓札幌の選手たち


 上写真/後半25分横浜右CKからの攻撃を懸命に防ぐ札幌DF奈良(29番)、河合(4番)、GK盡供扮Σ次法横浜25番はMF中村、28番はMF熊谷


 上写真/ホーム最終戦を終え後援会が選ぶMVPを受けたコンサドーレ札幌のMF古田(15番)が後半39分、横浜Fマリノスの元日本代表DF中澤(22番)のタックルをものともせずゴール前に迫る


 上写真/後半追加タイム2分、大声でチームメイトを鼓舞する中山(9番)、左は横浜のDF中澤(22番)。中山は、ようやく負傷が癒え、2年2か月ぶりの公式戦、自身のJ1最年長出場記録を更新して後半45分から登場した


 上写真/後半追加タイム3分、ピッチを走る中山、左は横浜DFドゥトラ


 上写真/前半25分押し込まれる展開に心配顔で戦況を見つめる札幌の石崎信弘監督

※石崎監督の試合後のコメントは、本サイト左にある「コンサドーレ札幌公式ホームページ」バナーから、「試合情報ページ」でご覧いただけます。


 上写真/前半46分横浜FWマルキーニョス(18番)の負傷治療の間、FW齋藤(11番)、MF中町(8番)らに大声で指示を出す横浜の樋口靖洋監督

横浜Fマリノスの樋口靖洋監督のコメント
「まず、サンフレッチェ広島の優勝が決まったということで、おめでとうという言葉を贈りたい。今日のゲームは札幌がホーム最終戦ということで難しい試合になった。いかに厚みのある攻撃をするかという点でした。プレッシャーをかけた後に不用意なカウンターを受けない狙いで二次攻撃の厚みのある形を作りました。そこから結果が得られた。最終的にACLの可能性を持って(最終戦に)臨める状況を作ってくれた選手に感謝したい。」

写真はいずれも石井一弘撮影