北海道コンサドーレ札幌ピックアップ情報

一覧に戻る

千葉市・高円宮フィールド合宿へ

20・06・21
 見えたぞミシャ采配 トップはジェイ

 北海道コンサドーレ札幌は6月22日から千葉市に日本代表用に建設した「高円宮記念JFA夢フィールド」での強化合宿を行い、第2節7月4日の横浜FC戦から8日の鹿島アントラーズ戦に備えている。12日、湘南ベルマーレ、18日、ベガルタ仙台戦まで遠征が続く予定。

 この采配は「新型コロナウイルス」の感染リスクを軽減するためのチームは元よりJリーグの村井チェアマンらの配慮があった。三上大勝GMは「長期合宿をしながら、公平に行けるか不公平になるかの駆け引きでもある」と言うようなコメントを残した。

 選手・監督・コーチ陣と事務方、広報関係者らと、かなりの大部隊。これまでの春先のアウエーゲームは、2、3試合アウエー戦を組んでくれたが、今回は本気の長期猶予。「丁と出るか半と出るか」と関係者は言いたいところだが―?

 6月19日は午前10時から、ホームの「宮の沢白い恋人サッカー場」で札幌での最後の「紅白試合」。紅組は赤黒の練習着(背番号無し)。白はビジター用(背番号あり)で45分ハーフ、一部選手の入れ替えもあり、監督・コーチ陣の目が光る。

 GK菅野孝憲(36=O型)、DF進藤亮佑(24=O型)、キム・ミンテ(26=A型)、福森晃斗(27=AB型)、MF宮澤裕樹(30=B型)、荒野拓馬(27=A型)、MFチャナティップ(26=A型)。右WBルーカス・フェルナンデス(26=A型)、左WB菅大輝(21=AB型)、FWジェイ(37=不明、)鈴木武蔵(26=B型)。ベストイレブンは、このあたりでどうだろう。A型が多いが、キャプテン宮澤がB型。行動的なところは認めるが、秘密主義や気分屋は、どうかな?。

 次に控えるのがGK阿波加俊太(25=B型)、タイからのカウィン(30=B型)もいるが、阿波加を押したい。ロングフィードが気にかかるが―。DF陣は石川直樹(34=O型)の古参と濱大耀(22=A型)の若手。即使いたいのが田中駿汰(23=A型)で、MFの金子拓郎(22=B型)と高嶺朋樹(22=O型)。この3人は同時に出すと面白いコンビを組みそうだ。

 もちろん、深井一希(25=B型)、白井康介(26=B型)、駒井善成(28=O型)は、即戦力の今季期待のイレブン入りだ。FWはドゥグラス・オリベイラ(25=不明)は、ジェイ、鈴木とポジション争いをするぐらいに成長した。さらにアンデルソン・ロペス(26=不明)が帰って来ると4枚の使い分けができる。期待の藤村怜(21=A型)は、A型にしては、おとなしすぎる。チームメイトは期待を持っているが―。もう少し自信を持って。

 追伸 コンサドーレは19日、U−18のGK川上隼(しゅん)=17歳(札幌市出身)のJリーグ2種登録をした。背番号47。これでJ1のゲームに出場可能になり、コンサドのGKは4人になった。


 上写真/FW鈴木武蔵(中央)と向こう側・宮澤キャプテン。左は心配そうな後ろ姿で見守る荒野拓馬


 上写真/GK菅野孝憲(背番号1)のアドバイスを聞くイレブン


 上写真/攻めのエース・A代表の菅大輝は思案中


 上写真/「ブラボー」の言葉も少なく、ピッチを去るミシャ監督


池田淳 photo・jun