北海道コンサドーレ札幌ピックアップ情報

一覧に戻る

J1第1節(2月23日)、2019年開幕戦は湘南に0−2の敗戦

19・02・26
 2月23日、北海道コンサドーレ札幌はアウエーのShonan BMW スタジアム平塚で明治安田生命J1リーグの開幕戦に挑み、攻撃的スタイルを見せるも、湘南ベルマーレに0−2で完封負けを喫した。

 札幌のスターティングメンバーは、昨季のレギュラーメンバーが中心となる3−4−2−1のシステム。GKにク・ソンユン、3バックは右から進藤、中央のリベロに宮澤、左に福森。ボランチに深井と荒野。MFの左サイドに菅、右サイドに早坂を起用。シャドーの2枚にはチャナティップと新加入のアンデルソン・ロペスを指名。最前線には長身のFWジェイを配置した。

 試合は、昨シーズンの基盤であるポゼッションスタイルに磨きをかけた札幌が立ち上がりから主導権を握る。対する、ホームの湘南は「考えながら走る」というコンセプトの下、攻守で相手を上回る運動量から、一気のカウンターを繰り出していく。

 札幌のチャンスは前半24分。福森が左サイドから左足で山なりのクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ進藤が中央へ頭で折り返す。これをゴール前で待っていたジェイがダイビングヘッドで合わせるが、湘南GK秋元のファインセーブに遭う。

 直後の26分、札幌の攻撃を防いだ湘南がカウンターアタックを仕掛ける。札幌DF陣が戻り切る前に、大きく空いたスペースでボールを受けた湘南MF杉岡がペナルティーエリア付近までドリブルで運び左足でシュート。ボールはわずかに枠を外れ札幌は事なきを得た。

 攻守の攻防が激しくなる中、前半36分に札幌の決定機。菅がペナルティーエリア内での湘南DFとの1対1をうまいまた抜きでかわしシュート。ボールはGKの横を抜いたがゴールカバーに入った湘南DF坂の間一髪クリアーで、得点には至らず。その後も、札幌はボールを支配しようとするが、湘南のプレスがはまり、スコアレスで前半が終了。

 後半に入っても互いにチームのスタイルで押し合う展開となったが、時間が経つにつれ湘南の運動量が目立ち、狙い通りのカウンター攻撃から先制点を奪われる。

 後半37分、湘南のカウンターアタックから札幌左サイド深くにボールを運ばれると、湘南DF山根が菅をドリブルでかわし、ゴールライン付近からカットイン。中央にグラウンダーのクロスを入れると、札幌DFが一度はじくが、こぼれ球を強引に湘南FW武富が押し込んだ。

 攻めるしかなくなった札幌は、途中出場のMFルーカス・フェルナンデスとFW鈴木がチャンスを演出。後半38分にはフェルナンデスからのセンタリングにジェイがジャンピングボレー、直後の40分にも途中出場のFW鈴木が同じくLフェルナンデスからのボールに頭で合わせるが、いずれもネットを揺らすことが出来ない。

 逆に後半45分、湘南が左サイドを攻め込みセンタリングを上げると、中央で札幌DF2人が重なりクリアーミス。このこぼれ球を拾った湘南FW山崎が冷静に横パスを通し、受けた武富がこの日2点目となるゴールで、万事休す。札幌の2019シーズンの船出は0−2の敗戦スタートとなった。

 次節札幌は3月2日にアウエーの埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦する。

 (写真はいずれも2月23日、ShonanBMWスタジアム平塚、撮影・石井一弘)


 上写真/開幕戦とあって大勢のサポーターが詰めかけゴール裏の応援席を埋めた。冷たい北風が吹く中、熱い声援を送り続ける


 上写真/前半9分、厳しいマッチアップをする札幌MF深井(8番)と湘南MF松田(18番)、左札幌MFチャナティップ(18番)


 上写真/前半24分、札幌FWジェイがヘディングシュートを放つが、湘南GK秋元(左)にセーブされて、絶好の先制機を逃す。右へ札幌MFアンデルソン・ロペス(11番)、湘南DF山根(13番)、右端キャプテン大野(8番)


 上写真/前半35分、MFチャナティップ(18番)が菅(右端)の「こっちに出して!」の指示でパスを出す、48番はFWジェイ。左端はこの日2得点の湘南FW武富(39番)。結果的にこの選手に札幌はやられた


 上写真/後半36分、湘南DF大野とFW大橋(24番)に挟まれながらボールをキープする札幌MF荒野(中央左)、手前で途中出場したFW武蔵(9番)がボールを要求している


 上写真/後半37分、湘南DF山根のクロスを札幌DF陣がこぼし、FW武富(39番)が押し込んで先制ゴールを決める、札幌GKク・ソンユンの下をボールがくぐり抜けているように見える。左から札幌MFルーカス・フェルナンデス(7番)、深井(8番)、DF進藤、右端湘南MF松田(18番)


 上写真/後半45分、湘南FW武富(39番)に2点目を決められガックリの札幌の選手たち。左からDF福森(5番)、MF荒野(27番)、FW武蔵(9番)、MF菅(4番)、右端キャプテン宮澤はひざをついている。武富の左はMF松田(18番)


 上写真/開幕戦で湘南に敗れ、大勢来てくくれたサポーターにあいさつする札幌の選手たち。右からキャプテンMF宮澤(10番)、DF進藤(3番)、MF深井(8番)、荒野(27番)、ルーカス・フェルナンデス(7番)、菅(4番)、FWジェイら。スタンドからは温かい声援が飛んだ


 上:左側写真/後半13分、選手たちに指示を出す札幌のペトロビッチ監督
 上:右側写真/後半18分、主審の判定に対し第4の審判に激しく抗議する湘南の諜裁監督


■北海道コンサドーレ札幌のペトロビッチ監督のコメント
 「前回の公式戦から間が空いた中でのゲームでしたし、今年最初の試合であること、そして湘南は非常にアグレッシブにプレーするチームですので、難しいゲームになりました。前半は良い入りができたと思います。狙いとする形でチャンスを作れていましたし、勝点を持ち帰るために選手たちは良いプレーをしていました。ただやはり、チャンスを作りながら得点を奪えない展開になってしまいました。

 後半は逆に入りが悪く、相手がプレッシャーに来る中で、それを外してボールを運びにかかりましたが、その形ではなく長いボールを入れる形が増えてしまいました。湘南は長いボールのセカンドボールを拾うことに長けているチームですので、われわれがセカンドボールを拾う回数が少なくなり、湘南に押し込まれてしまいました。そして先に得点を許してしまいました。

 0−1でリードされたあとに2回ほど決定機もありましたが、それを決め切れずに、最後は自分たちのミスで相手に2点目を与えてしまい、その時点で試合が終わってしまいました。非常に痛い敗戦であると考えています。ただ、まだリーグ初戦を終えただけですし、今日の試合を経て修正しなければいけない部分のトレーニングに取り組み、次の試合で勝利したいと思います」


■湘南ベルマーレの諜裁監督のコメント
 「とても良いシーズンの始まりになりました。ホームで開幕ということで、選手も勝点3を獲得するために準備してきましたし、この試合を照準にしてキャンプから準備してきたつもりです。開幕戦だからという高揚感もあまりなく、いつもどおり自分たちのショーを見せるつもりでやってこいと送り出しました。山(凌吾)がわけの分からない抜き方をしてGKに取られたところも含めて、すべてのプレーがわれわれらしいものになりました。ボールロストというミステイクは何回かありましたが、それを怖がっていては上には行けません。『アクセラレーション』を1日目から意識してやってきて、それが少し成果につながったことは選手に感謝したいと思います。今年はここで僕が話すことを皆さん楽しみにしていると思いますが、その重圧があまりにも強いので、今日はここまでにしておきます」
編集部 写真はいずれも石井一弘撮影