地域のサッカー情報

一覧に戻る

『全国街クラブ探訪』 富山県・常願寺川公園スポーツクラブ

17・11・11
 上写真/2016年にオープンした常願寺川公園スポーツクラブのホーム施設「高平メモリアル常願寺スポーツパーク」。グラウンド左上の茶色い屋根の建物はモンベル社直営アウトドアショップ「モンベルヴィレッジ立山」(写真はいずれも一般社団法人常願寺川公園スポーツクラブ提供)


 昨年度、日本クラブユース連盟に加盟のクラブはU­−18が118クラブ、U­−15が1,390クラブと年々増加し、日本サッカーの育成を支える大きな柱となっている。その中、全国各地にJリーグのプロクラブではないアマチュアクラブでも、特色を持った様々な街クラブが存在する。

 そこで、当紙では本年3月号より『全国街クラブ探訪』と題し、全国で活動中の特色のある街クラブを紹介している。

 第9回目は、富山県の「一般社団法人常願寺川公園スポーツクラブ」を紹介しよう!


◆クラブプロフィール
・クラブ名  「一般社団法人常願寺川公園スポーツクラブ」
・代表者名  平木 柳太郎
・活動地域  富山県舟橋村
・創立年    2010年
・年代種別  小学生/中学生/社会人
・活動会員数 330人
・活動種目  サッカー・陸上・バドミントンテニス・乗馬
・ホーム施設 高平メモリアル常願寺スポーツパーク
・HPアドレス http://joganji.sc/


−Q−クラブの自己紹介をお願いします
 日本一小さい村の富山県舟橋村で活動する、総合型地域スポーツクラブです。サッカー、陸上を中心に現在330名がスポーツを楽しみながら活動しています。昨年2016年には念願の人工芝ホームグラウンド「高平メモリアル常願寺スポーツパーク」をオープンしました。さらに今年11月からはクラブハウスの建設が始まりました。
 「スポーツのチカラで地域を元気に」を理念に日本一ちいさな村から日本一のスポーツクラブを目指します!

−Q−特徴的な活動や取り組みがあれば教えてください
 当クラブでは、人気種目であるサッカーや陸上に加えて、「乗馬競技」も行っております。乗馬では国体に出場するクラブ員もおり、日々レベルアップを目指して活動しております。また、競技だけでなく一般の方に、乗馬体験教室も開催しており、たくさんの方に馬と触れあってもらっています。

−Q−今後の目標や抱負を教えてください
 昨年、今年と人工芝ホームグラウンドやクラブハウスなど、ハード面において充実を図ることができました。今後は、ハード面の充実とともに、ソフト面でのクラブ員の活動の充実、サービスの向上を目指します。
 地域住民の皆さまをはじめ、行政、地元企業、教育機関とも積極的に連携し、多くの皆さまがスポーツを楽しみ、住民に愛されるクラブとして、一歩一歩、歩んでいきたいと思います。


 上写真/緑色のユニホームがJOGANJI富山(常願寺川公園SC)の子どもたち


 上写真/2017年9月9日、高平メモリアル常願寺スポーツパークで行われたU−11プレミアリーグ開催時の写真。当日は、石井楼貮抻蓋知事が来場し、参加した子どもたちに激励のコメントを送った

 常願寺川公園スポーツクラブ様、ご協力ありがとうございました! 次はどんな街クラブが登場するのか? 乞うご期待!

「北のサッカーアンビシャス」は地域のサッカーファミリーを熱烈に応援しています!

編集部