サッカーアラカルチョ

一覧に戻る

弊紙発刊の書籍がリニューアル版で絶賛販売中!【一部抜粋して紹介】

20・11・11
 2017年、Amazon初登場でカテゴリー別4位となった「100万円も借りられなかったNPOが、街クラブ日本一の施設を造った奇跡の物語」(出版元:北のサッカーアンビシャス)が、全国のサッカー関係者から注目を集め、この度「クラブ40周年記念誌同梱版」としてリニューアル発売となった。

 こちらの特装版は、数量限定で現在Amazonでのみ取り扱い中。地域スポーツ関係者には関心の高いクラブ運営や、あっと驚く施設の作り方も実例を基に紹介。ご興味のある方は是非どうぞ。


 本紙では、本の中身を少しずつではあるが紹介している。今回は第九の巻「ついに、ついに土地の購入か・・・」から一部を抜粋したい。


【以下書籍より一部抜粋】

第九の巻「ついに、ついに土地の購入か・・・」

 ここまで、あまり話に出てこなかった田古嶋であるが、特命チームで一目置かれているエピソードがある。2011年に、新たに見つけたグラウンド用地(ここからは慎重を期すために某市、某所とさせていただく)の購入交渉で契約直前まで進んでいた時の出来事である。このグラウンド予定地は、他の検討してきた土地よりもさらに絶好の場所にあり、坪単価も比較的抑えられていた。管理業者も全て問題なく、この時で既にプロジェクト開始から2年が経過し、多くの土地関連情報を精査していたため、かなり絞り込まれていた有力な購入予定地でもあった。

 先行調査を行っていた土橋も、これまで数々の可能性を探ってきた経緯から、ついにこの日が来たのか―と情報収集や銀行への新たな返済計画の作成にも力が入った。柴田はというと、慌てることなくいつも以上に慎重な姿勢を見せ、現地に出向いての調査も複数回にわたり、地域住民からも直接情報を聞くなど念入りな姿勢だった。それもそのはず、ここがホームグラウンドとなれば億単位の資金が投入され、クラブの今後の命運が決定するのだ。

 それにしても契約を目前に控えた最終現地調査時の柴田の雰囲気はいつもと違うように見えた。本来、『ここにクラブ悲願のホームグラウンドが出来る!』と、思えば、少しは高揚する気持ちが見えてもおかしくはない。しかし、柴田は、立地条件、価格、土地の種別、地主や管理業者など、全てにおいて絶好のグラウンド予定地を目の前に、ひとり沈黙。考え込む時間が多かった。そしてその理由は後に判明することになる。

 「土橋も田古嶋さんもどう考えても最高の土地、条件なのは異論ないよね。うーん。でもね。あまりこういうことは言いたくはないんだけど、この土地を未来から見た時に不安な点があるから・・・うまく説明は出来ない、と言うか説明したところで信用されないんだけど・・・」と、ボソッと言ったのである。これまで特命チームとして柴田を支えてきた土橋、田古嶋もさすがに 『???』である。そんなことを言ってもいつもの冗談かもしれないし、好条件の契約も目前に迫っているのだ。

 入念に進めた現地調査も終わりに近付き、予定地から車で数分の場所で最後の聞き込み調査を行っていた時である。何気なしに田古嶋が視線をずらすと、住宅地のすき間から高い壁に囲われた工場が遠くに見えた。近隣の住民に聞いても存在すら気にしたこともないと言う。柴田の話が妙に引っ掛かっていた田古嶋は、「購入予定地からは距離はあるけど、念のため、最後に見に行ってみましょう」と進言した。

 車でさらに数分走り、工場を囲う壁のわずかなすき間から視界に入ったのは――。反社会的なと言える特殊大型車両だった(極端な右寄りに止めてある・・・詳細はご想像におまかせということでお許しを・・・このサーチ能力が“SSSの迷探偵こなん“と異名を持つ田古嶋のゆえんでもある。本物は「名探偵コナン」。原作青山剛昌氏)。

 しかし、一見普通の工場に見えたので、もしかしたら自動車修理工場で、特殊車両は整備や修理のために止めていただけかもしれない。購入予定地から距離が離れていることもあり、絶好の候補地と思っていた土橋は、諦めきれずさらに調査を進め、所轄の警察からも情報を得るなどをした。

 その結果・・・特命チームは2年間かけて探し出し、最高条件と思われたグラウンド候補地を諦める決断をしたのである――(大人の読者の皆様はお察しください。子どもたちには社会に出ると色々、厳しいことがありますが、乗り越えられる大人になってくださいね)。

 ここで、柴田の言葉を解説しておかなければ、読者に大変な勘違いをもたらしてしまう危険性があるため、土橋の言葉を借りて説明したい。「吉徳コーチは、いつも未来のことを言っていますが、決してスピリチュアル系でも、♪変なおじさん♪でもありません。おそらく時間軸を想定し、未来のイメージを強烈に描いてからアイデアや答えを絞り出すので、まるで見てきたかのようにイメージが膨らむのだと思います。それを簡潔に伝えるために“未来から見た“と言っていると思います」。

 ですが最初の頃は、私も全く先見性について行けず、疑って批判ばかりしていました。その時「批判だけなら誰でも出来る! 代案を示して自分の責任で行動してみろ!」と、毎回叱責されていました。そのうち、言っていたことが数年後の忘れたころに当たっていることが多いと気づいて、「まさか無いとは思いますが・・・何か見えてしまうとか?予知夢とか?」と気になって聞いたことがあります。柴田の答えは「ん?もしそうなら、とっくにtoto1等当たってるだろ!」でしたが・・・。

 土橋が柴田のことを一目置くエピソードはまだある。解決策が見当たらない難題にぶち当たり、特命チームが完全に困り果てた状態になると、「こりゃだめだな、じゃあ寝る!」とその場からいなくなり、数十分後には「よし!難題解けた!」と、怪しい引き出しのある部屋から帰ってくるのである(ずんぐりとした丸い青色の格好で、お腹に○次元ポケットの付いたイメージ)。特に発明をする時には多かったという。不審に思った土橋が、「なんで寝て難題解けるのか?」と聞いてみると「根をつめてずーっと考えていると、寝てからも勝手に頭が考えてくれるから・・・」。柴田は真顔で言うのである。

 あとは、解決の糸口さえつかめない難題を目の前に『うーん・・・う、うーん』と悩んでいると、考え過ぎが原因か、堪らずトイレに駆け込む(お食事中の方には申し訳ないが)。そして数分後には「出たー!」と、何が出たのは聞きたくもないが、いきなり難題の答えを絞り出してくるのである。

 また柔軟な発想が行き過ぎで周りを困らせることもよくある。柴田の作った資料や展開図を土橋が数か月かけて検証し、やっと読み解けた日に、「これは、かくかくしかじか〜の内容ということで良いんですよね」と、柴田に確認すると「まぁ、それでも良いかな」。土橋はやっとGoサインが出たと思い、すぐに申請業務を進めるべく関係各所に連絡を入れた。

 それを知ってか知らずか、30分後には「あっそう言えば、俺が作っておいた展開図、裏面から透かして見たら本当の正解が出てくるんだけど・・・簡単に言うと真逆で左右逆ね。だから逆転の発想が大事だといつも言ってるしょ。相変わらず土橋君は頭が固いなー。へっへっへ」と、笑っている。既に相手方に連絡を済ませていた土橋は、『ギリギリの日程で進めているのに、そんないらないクイズ形式やってる場合かー! しかも何か月も隠していたのかー!』。怒りをぶつけたいところだったが、関係各所への訂正連絡を急がねばならず、それどころではなかったという。

 この個性的な仕事ぶりの柴田が強力なリーダーシップを発揮し、様々な難題を乗り越えプロジェクトを成功に導いたのは間違いないが、ただ単に柴田率いる特命チームが優秀だったからでは何の面白みもなく、参考事例としても弱い。

 一風変わったエピソードは、直接はためにならないかもしれないが、SSSの特命チームとしてかかわったメンバーのパーソナリティを含めて紹介することで、これなら(この程度なら?)、自分たちでも出来るのでないかと、トライするクラブ関係者が1人でも増えて欲しい。

 大きな事業こそ、一人で抱え込まず(一人に任せきりにはせず)、責任を分担し(明確にし)、チーム力で戦えば良いのだ。日本の得意な戦術ではないか―。その地道な活動の良い連鎖が地域のスポーツ環境向上に直結し、時間は掛かっても、いずれは豊かなスポーツ文化につながると信じている。


 上写真/書籍の中では子どもたちも読みやすいようにと、登場人物紹介やエピソードがイラストで紹介されるページもある。もちろんプロジェクトはノンフィクションだが、イラストについては若干の脚色があることはご了承いただきたい


 ―この続きにご興味のある方は、ぜひ本書でお楽しみください。通常版はAmazonかコーチャンフォー(新川通り店、ミュンヘン大橋店、釧路店、北見店)で、特装版はAmazonでのみ販売しております(Amazonサイト内で、「SSS札幌」、もしくは「SSSサッカー」で検索するとトップページに表示されます)。

 あなたも奇跡と呼ばれたプロジェクトの証人となる!?


【書籍情報】
題  名:「100万円も借りられなかったNPOが、
      街クラブ日本一の施設を造った奇跡の物語」

著  者:北のサッカーアンビシャス編集部
     協力SSSドリームプロジェクト特命チーム
     イラスト担当スエリス

発行所:北のサッカーアンビシャス

形  式:A5版300ページ(カラー8P、モノクロ292P内イラスト20P)

価  格:クラブ40周年記念誌(カラー20P)付きの特装版は1,100円+税
     通常版は1,000円+税
     (どちらも送料無料、ヤマトDM便での発送)

販売先:特装版はインターネットモールAmazonでのみ取り扱い中
     通常版は通常版はコーチャンフォーで取り扱い中
     (新川通り店、ミュンヘン大橋店、釧路店、北見店。他店舗はお問い合わせ)
編集部